Views
7 months ago

THE JAGUAR 第6号

  • Text
  • Whitley
  • Thejaguar
  • Rover
  • Jaguar
時に挑戦的で常に独創的なグラフィックデザイナー、ステファン・サグマイスター | 伝統的な技法に新境地を開くイギリスの木工職人たち | 上海にあるポール・ペレのミシュラン星付きレストランの美味しい料理 | ファッション・テクノロジーを変革するイリス・ヴァン・ヘルペン | “未来都市”ソウルへのタイムトラベル

注 目 のドライブ

注 目 のドライブ 入 ると、 司 祭 だけでなくソーシャルワーカーとも 話 をすること が で き 、も ちろん、ただ 沈 黙 して 座 っていることもできます。「ダウンタウンのオフィ スにく 途 中 でここに 来 る 人 をたくさん 知 っています」とミッコは 言 い ます。「 地 下 鉄 のからやってきて、ほんの 数 間 ここに 来 て、リラックス して 沈 思 します」。 「 図 書 館 など、すべての 都 市 に 静 かな 場 所 は あ り ま す 」と 礼 拝 堂 の 管 理 人 のナンナ・ヘラコスキは 同 意 します。「しかし、ここは 独 特 で す 。こ こはフィンランドで 最 も 賑 やかなエリアで す が 、こ の 礼 拝 堂 は 誰 でも 簡 単 に 入 れる 静 かな 空 間 なのです」。 フィンランド 人 はこのような 休 のスペースを 作 るのに 長 けている ようです。 礼 拝 堂 がほぼ 見 える 所 にある、 新 しいオーディ 中 央 図 書 館 (2018 年 12 月 にオープン) は、ヘルシンキの 中 心 を 再 定 義 するもうひ とつの 木 建 築 です。 内 に 船 のような 梁 が 張 られたオーディ は 単 なる 図 書 館 ではなく、 静 かにパーソナルワークをしたり 自 とき ったりするための 共 用 スペースです。3 階 建 ての 館 内 には 無 数 のアー ムチェア、ミシンと3Dプリンターが 備 わる 作 業 台 のほか、ノートパソコ ンを 持 ってカーペットの 上 でくつろげる「ブレ イクアウトスペース」が ありま す 。 木 、 鉢 植 え の 植 、 天 井 のポートホールから 柔 らかに 拡 散 する 光 が 、 自 વな 静 けさの 感 覚 をめま す 。そ れは 近 代 都 市 の 未 来 にけた 正 しい 方 のように 感 じます。 「 ヘルシンキは、 特 に 冬 の 間 は 野 の 静 けさを 身 近 に 感 じる 都 市 です。 ヘルシンキは、 特 に 深 い 雪 でわれる 冬 の 間 は 野 の 静 けさを 身 近 に 感 じる 都 市 です。 中 央 場 に 立 って 半 径 40kmのをくと、 その 中 に 森 林 の 島 の 群 島 、 波 打 つ 海 岸 線 の 湾 や 河 、2つの 立 公 が 入 ります。 Jaguar I-PACE は 1 回 の 充 電 で 469km*をできることをえ ると 、た くさ んの 自 વが 手 の 届 く 範 囲 にあります。また、あなたが 予 す るよりはるかにで 再 充 電 が 可 能 で す 。 急 充 電 CCSプラグは 、 約 45でバッテリーをゼロから 80% まで 充 電 できます**。 道 路 いの 食 堂 で 温 かいランチを 楽 しんでいる 間 に、 車 の 充 電 は 終 わり 再 出 発 の 準 備 が 整 うでしょう。 ヌークシオ 立 公 にけて 街 を 出 発 すると、 電 動 Jaguar が 静 かなことばかりでなく、その 快 適 さにも 感 動 させられるでしょう。 従 来 の ギアボックスは な く、 加 に 遅 れはありません。バッテリーは 車 軸 間 の 低 い 位 置 に あり、 車 を 地 面 にしっかりと 固 定 し 、 力 強 い400PSの 最 大 出 力 を 提 供 します。 私 たちの 目 的 地 は、フィンランド 立 公 の 本 であるハルティア です。ハルティアはૉ 晴 らしい 建 内 に あ り、そ の 木 建 築 の 内 を 覗 いてみると、I-PACEと 多 くの 共 通 点 が 見 つかります。I-PACEは、エネ ルギーを 90kWh バッテリーの 密 度 リチウムイオンポーチセルに 蓄 えます。ハルティアは 、 太 陽 エネルギーと 地 熱 エネルギーの 発 電 システ ムをみわせることで、 使 用 する 電 力 をほぼ 自 給 しています。 建 の 下 の 岩 盤 に 深 さ11kmの 穴 が 掘 られています。 夏 の 間 は 太 陽 電 池 パネル からの 熱 は 岩 にポンプでられ、 建 の 冷 房 するために 冷 たい 空 気 と 置 き 換 えられま す 。 冬 に な ると、 先 ほどの 夏 の 熱 が 再 び 暖 房 に 使 われま す。 館 長 のトム・セラニーミは 次 のように 言 っています。「それは 究 極 の 天 વバッテリーのようなものです。」 フィンランドのあらゆるものは、 森 に 戻 されているようです。カンピ 礼 拝 堂 と 同 様 、 木 材 はハルティアの 建 築 で 大 きな 役 割 を 果 たしていま す。そして、カンピのように、 木 材 はペンキやラッカーでコーティングさ れずワックスがけされただけなので 呼 吸 が 可 能 で す 。ま た 、カンピのよ うに、ハルティアは 有 機 的 なほぼ 卵 のようなをしています。「 私 たち は、 歴 史 、 神 話 、 科 学 、 芸 術 、 自 વからの 要 ૉをみわせようとしていま す 」とトムは 言 います。「ハルティアはゴールデンアイ (フィンランドでよ く 見 られる 海 鳥 ) のような 形 状 をしており、メインのエキジビションスペ ースはその 卵 のように 建 の 中 心 にあります。その 理 由 は、フィンランド 人 が、 世 界 はゴールデンアイの 卵 から 始 まったと 信 じているか ら で す 。」 トムはこの 啓 示 的 な 話 をしながら 苦 笑 いします。トムはカレワラ( 世 界 の 起 源 とすべての 生 命 について 伝 えるフ ィンランドの 民 叙 事 詩 で、フィンランドの จ 化 を 中 心 地 である 湖 や 森 林 に 戻 している) のҰについて 詳 しく 話 してくれました。 私 たちが 話 すフィンランド 人 の 間 で 繰 り 返 されるテーマは 自 વへの 回 帰 です。 具 体 的 には、カントリーキャビンの 静 寂 です。フ ィンランドのほぼすべての 人 は 、 街 か ら 数 時 間 の 湖 のそばにあるキャビンを 利 用 してい ま す 。ここ は 人 生 のҰに 過 ぎません。ヘル シンキの 居 心 地 の 良 いコーヒーショップで ロバート・ヌオルテヴァは 語 ります。 彼 は、 野 のガイドと 野 での 体 験 を 求 める 人 々をつなぐスタートアップ 企 業 、Everfells の 設 者 で す 。 ロバートは、フィンランド 人 にશ 般 的 に 見 られるこの 衝 動 を 認 識 してい ます。 「フィンランド 人 なら 誰 でも 街 からキャビンまでドライブする 時 の 気 持 ちを 知 っています」と 彼 は 言 います。「 車 をりてドアをดめれば、 静 寂 に 包 まれます。 街 では 夜 でも 静 かではなく、 背 景 に 常 に 音 がฉこ えます。キャビンの 中 は、 本 当 に 静 か で す 。 完 璧 な 静 寂 です」。 I-PACEでドライブしてフィンランドのタイガの 森 に 入 ると 、 車 か ら りるずっとલからその 静 けさに 感 動 させられます。 電 気 は 実 に 静 かな ドライブを 実 現 します。 燃 焼 エンジンでҭった 人 には、 少 し 非 現 実 的 な 感 じがするで しょう 。 何 か 見 落 としていなかな?あなたは 自 問 します。こ んなに 簡 単 だったのか そう、こんなに 簡 単 なのです。 森 の 中 に 入 って 30。あなたは「こんなに 簡 単 」だという 事 実 に 強 く 心 打 たれま す 。 フロントガラスのヘッドアップディスプレイから、でしているこ とがわかりますが、 耳 には 雪 の 上 のタイヤの 柔 らかいリズムだけが 届 きます。 * 燃 料 消 費 量 :N/A。CO2 排 出 量 :0 (g/km)。EV 距 離 : 最 大 469km。EV 距 離 の 数 字 は 標 準 化 されたルート 上 の 量 産 車 に 基 づいています。 達 成 距 離 は 車 両 とバッテリーの 状 態 、 実 際 のルートと 環 境 、ӡ 転 スタイルによって 異 なります。**100kWの 充 電 器 での 充 電 を 定 しています。

ガイドのマルク・ジャンホネン ( 下 ) との 野 の 探 索 で も、オーディ 図 書 館 ( 左 ) やハルティア (ӈ、 館 長 ト ム・セラニーミと 共 に) などの 近 代 的 な 建 の 訪 問 でも、I-PACE は 優 雅 な 仲 間 として 寄 り 添 ってくれ ました。

 

JAGUAR

THE JAGUAR #06 Magazine

 

優れたパフォーマンスを賛美するジャガーのカスタマーマガジン『The Jaguar』。ダイナミックな走りから魅力的なデザイン、最先端のテクノロジーまで、毎号、感覚を刺激する独占記事が並びます。

クリエイティビティとイノベーションが行動理念の中核を成すJaguarでは、今号でもデザイナー、発明家、そして枠に囚われない自由な発想によって私たちを魅了する世界各地の人々のストーリーが満載です。もちろん車そのものも、ふんだんに登場します。フィンランドを旅するI-PACEがもたらす静寂、伝説のXJ220の蘇る栄光、1978年製 ジャガーXJのファッショナブルなエレガンスをぜひご堪能ください。

ライブラリー

THE JAGUAR 第6号
THE JAGUAR 第5号
THE JAGUAR 第4号
The Jaguar 第3号
The Jaguar 第2号
The Jaguar 第1号

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2016

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもと での値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。