Views
5 months ago

THE JAGUAR 第6号

  • Text
  • Whitley
  • Thejaguar
  • Rover
  • Jaguar
時に挑戦的で常に独創的なグラフィックデザイナー、ステファン・サグマイスター | 伝統的な技法に新境地を開くイギリスの木工職人たち | 上海にあるポール・ペレのミシュラン星付きレストランの美味しい料理 | ファッション・テクノロジーを変革するイリス・ヴァン・ヘルペン | “未来都市”ソウルへのタイムトラベル

テクノロジー 1926

テクノロジー 1926 年 に、ヘンリーフォードは 空 のモデルTになる 予 定 だった Jaguar F-PACEよりも 短 い 小 型 のシングルシーターの 空 機 を 製 しました。フリバーはプロトタイプの 段 階 を 通 過 することはあ りませんでしたが、コンパクトで、 飛 が 簡 単 で、 狭 いスペースに 着 陸 可 能 な 個 人 輸 というそのテーマは 、た とえ 難 だとしても 魅 力 的 な 目 標 でありけています。 ほぼ1 世 紀 後 の、そ の テーマは 垂 直 離 着 陸 (VTOL) 空 機 の 新 世 代 に 少 しずつ 現 れ 始 めており、 混 雑 したハブ 空 を 排 除 することによって、 旅 のあり 方 を 根 本 から 変 えようとしてい ます。 3d5 人 乗 りの 定 期 便 、またはオンデマンドのタクシーとして、 垂 直 離 着 陸 空 機 は、あなたを 市 内 中 心 (オフィスなど) に 移 し、 移 動 時 間 を 大 に 短 縮 します (たとえば、JFK 空 からマンハッタンまでの55 をわずか5に 短 縮 )。これは、ボーイングやベルなどの 空 宙 大 手 が VTOL 機 の 開 発 に 投 資 し た り 、ウ ー バーを 参 入 させたりするのに 十 なほどの、 大 きな 商 業 的 な 可 能 性 を 秘 めています。しかし、この 新 し い 業 界 の 真 の 精 神 を 備 えていると 主 張 できるのは、 無 数 のスタートアッ プ 企 業 でしょう。 リリウムはそういったスタートアップのひとつです。 準 備 が 整 えられ (લ 回 の 資 金 調 達 ラウンドで9000 万 ポンドを 調 達 )、 空 機 の 飛 を 成 させたリリウムは 、こ の 業 界 で 最 も 有 望 な 企 業 のひとつと 言 えるでし ょう。 同 社 のジェット 機 は、 傾 斜 翼 に36 個 の 電 動 ジェットエンジンを 使 用 し、 離 陸 時 は 下 をき、 空 中 では 通 常 の 水 ฏ 配 置 に 戻 ります。 これは 翼 の 率 を 利 用 します。いったん 空 中 に 飛 ぶと 揚 力 を 維 持 する ための 推 力 はほとんど 必 要 ありません。そしてそれが 距 離 を ばします。 商 用 飛 に 適 した 距 離 を 提 供 する 技 術 を 完 成 させるのが 究 極 の 目 標 です。ベルはハイブリッドパワートレインを 開 発 していますが、リ リウムは 純 粋 な 電 気 に 焦 点 をわせています、と 同 社 のスポークスマ ンオリバー・ウォーカー・ジョーンズは 言 います。 左 : 空 のウ―バーの 準 備 はで きていますか 下 : リリウムの 設 チームとプロ トタイプの 空 機 。લのペー ジ: リリウム 飛 隊 の 屋 上 ポ ートのアーティストイメージ 「 私 たちはバッテリー 技 術 に 取 りん で お り、 可 能 性 を 確 信 してい ま す 」と 彼 は 言 います。「バッテリーの 課 題 は、 電 気 自 動 車 と 同 じように 重 量 です。それでも 私 たちは 電 力 にこだわります。」リリウムは、 初 の 商 業 飛 を2025 年 までに 実 現 させることを 目 標 としています。 ベルの 規 模 (この 業 界 での84 年 の 歴 史 、 従 業 һ9000 人 ) の 空 宙 会 社 がまだ 実 現 できていないのに、 新 興 のリリウム (4 年 の 歴 史 、 従 業 һ200 人 ) がわずか 6 年 でこれを 実 現 できるものかどうか 疑 問 に 思 画 提 供 :リリウム バーティカルエアロスペース 54 THE JAGUAR

ヴァーティカルエアロスペー スは、 空 の 旅 を「 パーソナル、 オンデマンド、カ ー ボンフリ ー」にすることを 目 指 していま す XXXXXXXXXX X X X X X X X X X うかもしれません。ウォーカー・ジョーンズは、まさにその 規 模 が 強 みだ と 言 います。「 私 たちは 捷 に 動 けます。 私 たちにはダイナミズムがあり ま す 」。 これらは、フルサイズのeVTOL 空 機 を 製 しテストした 唯 Ұの ӳ 企 業 であるヴァーティカルエアロスペースと 共 通 の 特 質 です。ヴァ ーティカルはさらに 小 規 模 で、 従 業 һは35 人 ですが、 同 社 のベリティ・ リチャードソンは 次 のように 語 ります。「 私 たちは 大 企 業 よりも 機 で す 。 大 企 業 に 根 いている 働 き 方 が、 彼 らのスピードを 落 としているの で す 」。 もちろん、より 伝 統 的 な 技 術 にも 支 持 者 がいます。 米 の 新 興 企 業 のトランセン ド・エアロのVy400クラフトは、 従 来 のタ ーボプロップを 使 用 しています。トランセン ドのグレッグ・ブルーエルは、2023 年 には このターボプロップが 電 気 のライバル 社 よりも 先 に 発 売 され、 信 頼 性 、 飛 距 離 、 最 時 651km を 提 供 するとえてい ま す 。 リリウムとヴァーティカルは 彼 らの 技 術 をまず 短 距 離 タクシーとして 使 用 し、さ らなる 可 能 性 として 貨 輸 をえています。Ұ 方 、トランセンドは 、た とえばマンハッタンからボストンまでの 定 期 便 にかかる 時 間 は 36 でӡ 賃 は 283 ドル (ヘリコプターでかかる 時 間 は 90 、 費 用 は 約 4500 ドル) など、 定 期 便 での 長 距 離 輸 を 目 標 としています。 ブルーエルは 路 線 をより 長 距 離 にすることによって 過 密 空 への プレッシャーを 緩 和 し、 人 々をオフィスからオフィスに 直 接 ӡぶことがで き る 、より で 安 価 なサービスを 提 供 できるとえています。「 「 日 の 空 は 、キ ャ パシティを 超 えている 場 が 多 いです。 私 た ちはリリーフ・バルブの ようなものです」 日 の 空 はキャパシティを 超 えている 場 が 多 いです。 滑 路 への 誘 導 でさえも 旅 時 間 を 遅 らせます。 私 たちは プレッシャーを 逃 す 換 気 のような 存 在 と 言 える で しょう 」。 しかし、これには 着 陸 の 建 設 が 必 要 となります。ウォーカー・ジョ ーンズは、 既 存 のヘリパッドが 機 能 し、 新 しいポートは 既 存 の 建 の 上 に 追 加 することができると 言 います。ヘリコプターよりもはるかに 静 か な 垂 直 下 能 力 で、この 目 的 地 への 直 接 輸 コンセプトは、 電 気 VTOL クラフトの 提 案 の 中 心 にあります。 VTOL ポートが 備 わる 都 市 のビジョン は、 安 શ 性 と 音 の 問 題 を 提 起 します。イ ンフラと 輸 専 門 家 アラップの 空 長 、リ チャード・マシューズは、 電 気 駆 動 ローター でさえ 静 かではなく (ドローンが 出 す 音 を 思 い 出 してください)、VTOL クラフトが 離 陸 時 に 大 量 に 動 かす 空 気 が 音 を 発 生 させると 指 摘 しています。しかし、このよう なクラフトは 、 都 市 空 Ҭを 管 轄 する 安 શ 規 制 に 関 しては 有 利 に 働 くかもしれません。 「 数 のモーターとローターは、ヘリコプ ターより 安 શ 性 がいと 言 える で しょう 。」 とマシューズは 言 います。「そして、それが 規 制 の 緩 和 につながる 可 能 性 があります」。つまり、ヘリコプターが 飛 べないような 場 所 を 飛 で き 、より いエリアをカバーできるということです。 これはまだ 初 期 段 階 の 価 であり、より 強 力 なバッテリーとインフ ラストラクチャの 開 発 を 模 索 しています。しかし、ヘンリーフォードがフ リバーの 夢 を 見 て 以 来 初 めて、 個 人 の 空 の 旅 は 本 当 に 便 利 になろうと しています。

 

JAGUAR

THE JAGUAR #06 Magazine

 

優れたパフォーマンスを賛美するジャガーのカスタマーマガジン『The Jaguar』。ダイナミックな走りから魅力的なデザイン、最先端のテクノロジーまで、毎号、感覚を刺激する独占記事が並びます。

クリエイティビティとイノベーションが行動理念の中核を成すJaguarでは、今号でもデザイナー、発明家、そして枠に囚われない自由な発想によって私たちを魅了する世界各地の人々のストーリーが満載です。もちろん車そのものも、ふんだんに登場します。フィンランドを旅するI-PACEがもたらす静寂、伝説のXJ220の蘇る栄光、1978年製 ジャガーXJのファッショナブルなエレガンスをぜひご堪能ください。

ライブラリー

THE JAGUAR 第6号
THE JAGUAR 第5号
THE JAGUAR 第4号
The Jaguar 第3号
The Jaguar 第2号
The Jaguar 第1号

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2016

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもと での値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。