Views
2 years ago

THE JAGUAR 第4号

  • Text
  • Jaguar
  • Getty
  • Edition
  • Images
  • Icon
  • Geoff
  • Poulton
  • Academy
  • Foxtrott
  • Pioneers
ジャガー初のピュアEV新型I-PACE ポルトガル南部のアルガルベを行く | 革新的なI-PACE 開発秘話 | クラシックを再び発明:E-TYPEゼロ | ジャガーXJ 栄光の半世紀 | 英国のテニスプレーヤー ジョアンナ・コンタへのスペシャルインタビュー | 人工知能はアートに革命を起こすか

ARTIFICIAL INTELLIGENCE

ARTIFICIAL INTELLIGENCE 左 :グーグルのDeepDream プロジェクトで 制 作 された 作 品 の 一 つ「フィレンツェ」。 芸 術 を 創 作 することで、 世 界 でも 最 も 有 名 な AI が 制 作 した 作 品 だ。 次 ページ:ラトガース 大 学 の AIラボには、 人 間 の 芸 術 家 が 制 作 した 作 品 と、 見 分 けがつかない モノもあるほど。 アフメド・エルガマルは 美 術 をこよなく 愛 している。 米 国 ニュージャージー 州 のラトガース 大 学 でコンピュータサ イエンスの 教 授 を 務 める 彼 は、 大 学 の 研 究 室 と 自 宅 の 壁 に 絵 画 作 品 をいくつも 飾 っている。 好 みに 古 典 芸 術 やモダンアートの 隔 てはない。 「 視 覚 型 の 人 間 なので、 抽 象 画 が 好 き」と 言 うエルガマルが 気 に 入 って いる 作 品 の 中 には、 明 るく 強 烈 な 色 がキャンバス 全 体 を 覆 っているもの もある。しかし、これらの 作 品 は 誰 が 描 いたものなのかとエルガマルに 尋 ねても、 彼 は 答 えられない。 何 が 描 いたのか、と 聞 くべきなのだ。な ぜなら、これらの 作 品 の 背 後 に 存 在 する「 芸 術 家 」は 人 工 知 能 、そう、 AI だからだ。 AIラボには、 人 間 の 芸 術 家 が 制 作 した 作 品 と、 見 分 けがつかないモ ノもあるほど。ラトガース 大 学 が 美 術 ・ 人 工 知 能 研 究 所 を 創 設 したのは 5 年 前 のこと。それはまた、この 先 の 技 術 分 野 における 彼 の 目 標 設 定 で もあった。「 美 術 を 鑑 賞 することは 人 間 ができる 最 も 複 雑 なことの 一 つ と 考 えられています。それこそが AI が 目 指 す 究 極 の 目 標 です」。 ギャラリーで 絵 画 やスケッチ、 彫 刻 作 品 を 鑑 賞 すると、さまざまなこ とが 心 をよぎるだろう。そうした 要 素 の 中 で 人 間 特 有 のものは 感 情 的 な 反 応 だ。おそらく 記 憶 に 刺 激 されて 呼 び 起 こされるものだが、 中 にはよ り 具 体 的 な 刺 激 に 基 づいた 反 応 もある。「アートから 人 は 色 や 構 図 のほ かに、 物 、 人 物 、 背 景 、テーマを 認 識 します。 過 去 とのつながりや、そ の 作 品 と、ほかの 作 品 との 関 連 性 も 認 識 するでしょう」。 後 者 に 属 する 反 応 は、コンピュータも 示 すことが 可 能 だ。 世 界 の 歴 史 の 巨 大 なデータベースとも 言 えるインターネットが 結 びつけている 過 去 と 現 在 の 出 来 事 は 何 か。 巨 大 なコンピュータが 高 速 に 計 算 し、 分 類 して いる 対 象 は 何 か。そうした 問 いの 答 えを 出 すために、エルガマルは 美 術 を 理 解 し 鑑 賞 できるAIを 作 り 始 めた。そして 彼 は 成 功 した。 彼 が 生 み 出 した 機 械 は、 目 の 前 に 置 かれたどのような 作 品 でも 特 定 でき、どの 時 期 に 属 するものかを 判 定 できるという。 「もし 美 術 史 を 理 解 することができるのなら、 美 術 の 創 作 もできてよい はずでしょう?」とエルガマル。このために 彼 は 別 のAIを 作 り、500 年 にわたる 美 術 作 品 の 数 々を 見 せて 学 習 させた。そして 自 ら 作 品 を 創 作 す るよう 指 示 したのだ。AI が 制 作 した 作 品 群 を 実 験 的 に 被 験 者 に 見 せた ところ、 彼 らは 制 作 者 が 人 間 の 芸 術 家 か 機 械 かを 見 分 けられなかった。 「これは 様 々な 方 面 で 非 常 に 大 きな 意 味 を 持 ちます。これまでの 美 術 に 対 する 理 解 を 覆 すような 結 果 かもしれません」。AI の 進 歩 が 可 能 性 を 広 げているのは、 視 覚 芸 術 だけではない。 音 楽 家 もその 力 を 活 用 し 始 め ている。タリン・サザンはその 一 人 だ。 AIプログラムを 使 ってBGM── 記 憶 に 残 らないような 旋 律 でありな がら、いまだ 曲 作 りには 人 を 必 要 としている──を 作 曲 するという 話 を 読 んだサザンは、AI に BGM の 作 曲 ができるなら、より 記 憶 に 残 るポッ プスの 曲 を 組 み 立 てるのに 役 立 たないわけはないと 考 えた。2017 年 5 写 真 : DEEP DREAM GENERATOR/ AICAN, THE ART & AI LAB AT RUTGERS UNIVERSITY (3), KATHY SUE HOLTORF 68 THE JAGUAR

月 、 彼 女 は 全 体 に 渡 ってAI を 使 用 して 作 曲 した 世 界 初 のアルバムをリ リースした。 次 のアルバムにはソニーコンピュータサイエンス 研 究 所 (Sony CSL)によるAI が 作 曲 したメロディーが 入 った。これだけでは ない。 人 工 知 能 は 芸 術 のあらゆる 分 野 で 新 境 地 を 開 いている。ツイッ ターでは 詩 人 bot が 人 情 の 機 微 に 触 れるような 詩 を 作 り、 日 本 ではAI が 書 いた 小 説 が 文 学 賞 の 一 次 予 選 を 通 過 した。 映 画 製 作 者 もSF 映 画 の 脚 本 を AI が 書 くという 試 みをすでに 行 っている。 だが、 芸 術 が 何 ヵ 月 、いや 何 年 にもわたる 人 間 の 労 力 と 創 造 性 のたまものではなくなり、ボタンを 押 す だけで 量 産 されるようになるとき、その 価 値 はどうな るのだろうか。この 問 いに 対 してサザンもエルガマル も「 何 も 変 わらない」と 答 える。「 芸 術 は 往 々にして 与 えられる 物 語 にすぎないのよ」とサザンは 言 う。 彼 女 自 身 、AI で 初 めて 作 品 を 作 る 実 験 をしたときは 疑 問 視 していたが、その 疑 いはすぐにかき 消 された。 「AI が 持 つ 可 能 性 と、その 背 後 に 横 たわる 哲 学 的 な 問 題 について、 興 奮 を 覚 えるのと 同 じくらい 葛 藤 が あったわ。でも 今 は、 自 分 でも 気 付 いていなかった 新 たな 創 造 力 に 火 を つ け て も ら っ た と 感 じ て い る の 」。 彼 女 が よ り 大 胆 に 曲 の ア レン ジ に 取 り 組 めるのは、レコーディングのコストがバッキングトラックのために ミュージシャンと 契 約 した 場 合 よりもはるかに 低 いことを 知 っているから だ。「17、18 世 紀 の 音 楽 、 例 えばバロックや 古 典 派 の 音 楽 をAIに 読 み 込 ませて 学 習 させることができるから、それをポップスの 構 成 に 落 とし 込 んでどうなるか 聴 いてみるの」。こうした 大 胆 な 実 験 は 芸 術 の 未 来 に とってよいことだと 言 えないだろうか。AI がもたらす 変 化 を 怖 がるより、 芸 術 家 も 芸 術 愛 好 家 も 等 しく 希 望 を 持 っていいはずなのだ。 「 未 来 がどうなるかという 問 いに 答 えるのはなかなか 難 しい。 伝 統 的 な 美 術 は 変 わってしまうかもしれません。ただ 言 えるのは、 芸 術 家 は 常 に 「 自 分 でも 気 付 いて いなかった 新 たな 創 造 力 に 火 をつけてもらったと 感 じている」 タリン・サザン 新 たな 技 術 を 進 んで 使 ってみるものだということです」とエルガマル。 彼 の 空 間 に 飾 られている 作 品 を 見 る 限 り、 芸 術 愛 好 家 たちは 偉 大 な 芸 術 を 引 き 続 き 享 受 するだろう。その 作 品 を 制 作 したのが 誰 、あるいは 何 であろうとも。 THE JAGUAR 69

 

JAGUAR

THE JAGUAR #06 Magazine

 

優れたパフォーマンスを賛美するジャガーのカスタマーマガジン『The Jaguar』。ダイナミックな走りから魅力的なデザイン、最先端のテクノロジーまで、毎号、感覚を刺激する独占記事が並びます。

クリエイティビティとイノベーションが行動理念の中核を成すJaguarでは、今号でもデザイナー、発明家、そして枠に囚われない自由な発想によって私たちを魅了する世界各地の人々のストーリーが満載です。もちろん車そのものも、ふんだんに登場します。フィンランドを旅するI-PACEがもたらす静寂、伝説のXJ220の蘇る栄光、1978年製 ジャガーXJのファッショナブルなエレガンスをぜひご堪能ください。

ライブラリー

THE JAGUAR 第6号
THE JAGUAR 第5号
THE JAGUAR 第4号
The Jaguar 第3号
The Jaguar 第2号
The Jaguar 第1号

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2016

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもと での値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。