Views
2 years ago

The Jaguar 第3号

  • Text
  • Jaguar
  • Audio
  • Marke
  • Howe
  • Servicing
  • Getty
  • Images
  • Formula
  • Sportbrake
  • Castrol
最新号では、ジャガーから登場した新顔「E-PACE」を紹介。実用性を兼ね備えたスポーツカーであるこのコンパクトSUVは、すでに発売も間近です。ジャガーは2020年以降に販売する全車種を電動化モデルにすることを決定しています。これを受けて、ル・マン24時間レースでのモータースポーツの歴史をひもとくことから、XE SV Project 8のニュルブルクリンクでの極端な試験、FIAフォーミュラE選手権で最先端を走るための取り組みまで、新境地を開くことがジャガーのスポーツカー開発にいかにつながるかを探っています。

The

The Curve 2017 年 後 半 /2018 年 初 頭 ニュース トラベル 次 の 旅 で ザグレブ を 目 指 す 理 由 歴 史 的 な 魅 力 とクールな 現 代 性 、そして 極 上 のナイトライフと 食 事 。 クロアチアの 首 都 ザグレブが、2017 年 に 訪 れるべきヨーロッパの 国 ランキングでトップになったのも 不 思 議 はない。 発 表 したのは 旅 行 ガ イドブックの「ロンリープラネット」。「 国 際 的 で 流 行 の 先 端 を 行 く」と いう 評 価 は 的 を 射 ている。ザグレブは 古 い 歴 史 を 思 わせるアッパータ ウン( 旧 市 街 )と、 広 大 な 旧 東 欧 らしいローワータウンの 二 つの 顔 を 持 つ。 二 つのエリアを 結 ぶのは 世 界 最 短 とされるケーブルカーだ。 街 中 に 配 置 されたスマートベンチでは、 座 っている 間 にスマート フォンの 充 電 が 可 能 。 地 元 住 民 があちこち 素 早 く 移 動 できる 地 下 ト ンネルにはインスタレーションアートが 出 現 する 一 方 、イェラチッチ 広 場 の 隣 で 毎 日 開 く 青 空 市 場 、ドラツ 市 場 では、 新 鮮 なイチゴを 覆 う 赤 いパラソルが 目 に 眩 しく 感 じるだろう。この 街 にはあらゆる 楽 し みがある。 街 全 体 に 点 在 する 静 かな 公 園 では 日 光 浴 でリラックスで きるし、その 隣 にはデザイナーショップやカフェが 並 ぶ。 一 風 変 わっ た 失 恋 博 物 館 のすぐ 近 くに 佇 むのは 美 しいタイル 屋 根 の 聖 マルコ 教 会 だ。 料 理 のクオリティもお 墨 付 き。さわやかな 夕 べにはキノ・エウ ロパ(シネマ・ヨーロッパ)カフェの 道 路 脇 にあるテラス 席 を 目 指 そう。 飲 み 物 を 注 文 したらヨーロッパで 最 も 注 目 される 街 の 輝 きを 満 喫 して みてはどうだろう。 旅 の 計 画 を 始 めるには infozagreb.hrにアクセス。 10 THE JAGUAR

“ デザイン 「これはまさに ジャガーのスポーツカーであり、 真 のF-TYPEです。デザインのDNAを 薄 める 意 図 はありませんでしたが、 ユニークな 特 徴 が 感 じられるでしょう」 イアン・カラム、デザインディレクター F-TYPE 2.0 リッター i4 300PS ターボチャージドガソリンエンジンの 公 式 燃 料 消 費 量 (L/100km、カッコ 内 は MPG ): 市 街 地 8.8 (32.1)、 郊 外 6.2 (45.6)、 複 合 7.2 (39.2)、CO2 排 出 量 163g/km。 欧 州 公 式 試 験 結 果 。 比 較 目 的 のみ。 実 際 の 数 値 は 異 なります。 パフォーマンス 自 慢 パワーオブフォーに 捧 げる ジャガー 史 上 最 もパワフルな 4 気 筒 を 搭 載 した 市 販 モデルが、 俊 敏 性 と 効 率 性 の 両 方 に 優 れたピュアスポーツカー、 新 型 ジャガー F-TYPE に 加 わった。 受 賞 歴 のあるこのオールアルミニウム 2 シー ターの 選 択 肢 が 広 がったのは、 最 新 技 術 による 2.0リッター 300PS ターボチャージドインジニウムガソリンエンジンのおかげ。このエン ジンは 類 まれなパフォーマンスが 特 長 だ。 新 しい 4 気 筒 の F-TYPE は、リッター 当 たり150PS という 驚 きの パワーを 発 揮 する。これはシリーズ 最 高 の 比 出 力 だ。このターボ チャージドエンジンは 340PS V6 エンジンと 比 較 して 燃 費 が 16%も 向 上 し、CO2 排 出 量 は163g/km。それでも0-100km/h 加 速 はわ ずか 5.4 秒 を 実 現 している。F-TYPEのビークルラインディレクター、 イアン・ホバンは、「このサイズのエンジンは 素 晴 らしい 性 能 を 発 揮 し ます。 燃 費 は 改 善 されているが 価 格 は 抑 えられていてバランスが 良 く、 F-TYPEの 体 験 をこれまで 以 上 に 広 くお 届 けできます」と 語 る。 この 最 新 のF-TYPEは、シリーズで 次 に 並 ぶオートマチックエンジ ン(340PS)より52 キロも 軽 量 化 されている。これは 4 気 筒 エンジン の 強 化 された 俊 敏 性 に 欠 かせない 要 素 だ。ジャガースポーツカーズの チーフプロダクトエンジニア、エロル・ムスタファは、「 軽 量 化 のほと んどはフロントアクスル 回 りによるものです。これによって 見 た 目 は 美 しくバランスが 取 れ、 本 当 に 俊 敏 な 走 りを 実 現 しています」と 説 明 する。 デザインディレクターのイアン・カラムは、「これはまさにジャガー のスポーツカーであり、 真 のF-TYPEです。デザインのDNAを 薄 める 意 図 はありませんでしたが、ユニークな 特 長 を 感 じていただけるでしょ う」と 言 う。 両 方 の 良 さを 楽 しめるとは、 夢 中 にならずにはいられない。 詳 細 及 びコンフィギュレーションのカスタマイズはこちらへ:jaguar.co.jp THE JAGUAR 11

 

JAGUAR

THE JAGUAR #06 Magazine

 

優れたパフォーマンスを賛美するジャガーのカスタマーマガジン『The Jaguar』。ダイナミックな走りから魅力的なデザイン、最先端のテクノロジーまで、毎号、感覚を刺激する独占記事が並びます。

クリエイティビティとイノベーションが行動理念の中核を成すJaguarでは、今号でもデザイナー、発明家、そして枠に囚われない自由な発想によって私たちを魅了する世界各地の人々のストーリーが満載です。もちろん車そのものも、ふんだんに登場します。フィンランドを旅するI-PACEがもたらす静寂、伝説のXJ220の蘇る栄光、1978年製 ジャガーXJのファッショナブルなエレガンスをぜひご堪能ください。

ライブラリー

THE JAGUAR 第6号
THE JAGUAR 第5号
THE JAGUAR 第4号
The Jaguar 第3号
The Jaguar 第2号
The Jaguar 第1号

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2016

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもと での値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。