Views
2 years ago

The Jaguar 第2号

  • Text
  • Jaguar
  • Images
  • Marke
  • Wright
  • Recommended
  • Xblades
  • Ansgar
  • Sollmann
  • Photography
  • Getty
本号では、ジャガーファミリーに加わった新顔「E-PACE」を初披露。F1レーサーのロマン・グロージャンがジャガーに対する特別な情熱について語るほか、パナソニックジャガーレーシングチームのレースに向けた準備を密着取材しています。急成長するドローンレースや、XFスポーツブレークを走らせての壮大な冒険の 1 日など、読み応えたっぷりです。

プロのドローンレースではテクノロジーが 重 要 な 役 割 を 果 たす。フレームやバッテリーの サイズを 規 定 するリーグがある 一 方 、 パイロットがドローンを 思 うままに 最 適 化 していく リーグもある。しかし、 究 極 的 に 勝 敗 を 分 けるのは パイロットである 人 間 の 認 識 力 、 協 調 能 力 、 反 射 神 経 だ。 平 均 400m の 短 距 離 戦 で 速 度 は 時 速 200kmを 超 えることもある

NEW TECH 写 真 : ANSGAR SOLLMANN, XBLADES MEDIA HOUSE 世 界 最 高 のドローンレーサーたちが 一 堂 に 会 し、150を 超 えるチームが 出 場 。 英 国 サマセット 出 身 の15 歳 、ルーク・バニスターが 優 勝 し、 賞 金 25 万 ドルを 獲 得 した。ルークはレースについて、「すごく 解 放 感 があった。 鳥 になって 飛 んでいるような、 世 界 を 上 空 から 見 下 ろしている 感 じだよ。 難 しいことは 何 もなかった。ドローンと 一 体 化 していたんだ」と 私 に 語 っ てくれた。 ルークのようなパイロットとそのストーリーが 注 目 され、ドローンレー スにはかつてないほど 大 勢 の 観 客 とプロが 集 まるようになった。 昨 年 9 月 、「パリ・ドローン・フェスティバル」に 合 わせて 開 催 されたイベントで はシャンゼリゼ 通 りを 舞 台 にレースが 行 われ、15 万 人 以 上 の 観 客 がそれ を 一 目 見 ようと 集 まった。 「このスポーツはますます 広 がっていくと 強 く 感 じているよ」と 語 るのは、 映 画 監 督 リチャード・デ・アラグエスだ。2011 年 に 公 開 されたドキュメ ンタリー 映 画 『クローサー・トゥ・ザ・エッジ マン 島 TTライダー』を 監 督 した 彼 は、ギャリーとルークが 現 在 所 属 するNEXBLADESチームの 創 設 者 だ。 受 賞 歴 もあるドキュメンタリー 映 画 監 督 としての 仕 事 が「ここ 数 ヵ 月 はドローンレースのために 後 回 しになっている」とやや 悲 しげに 語 る。しかし 彼 は 間 違 いなく 世 界 最 強 のパイロットチームの 結 成 をやり 遂 げ た 張 本 人 だ。「 世 界 トップ 5 のパイロットが 集 まっているよ。 出 身 はフラン ス、スペイン、ドイツ、アイルランドとさまざま。うちのパイロットたちは ライバルリーグでほとんどのトップパイロットを 下 してきたんだ」 黎 明 期 のスポーツの 常 として、 多 くの 起 業 家 が 最 高 のリーグを 確 立 することでこの 分 野 を 支 配 しようと 争 っている。「ドロー ン・レーシング・リーグ(DRL)」の 共 同 設 立 者 であるニコラ ス・ホルバチェフスキは、 障 害 物 レース「タフ・マダー(Tough Mudder)」 の 設 立 に 関 わった 米 国 人 だ。DRL は 過 去 18 ヵ 月 の 間 に 2,000 万 ドル 以 上 の 投 資 を 集 めている。「 私 たちの 目 標 はドローンレースというこの 新 し いスポーツを 世 界 的 なショーにすることだ」と 彼 は 言 う。DRL はまさに その 目 標 に 向 かって 順 調 に 展 開 している。2017 年 のレース 放 映 権 をめ ぐっては、スポーツ 専 門 局 のESPNやSky Sportsといった 主 要 メディア とパートナー 契 約 を 締 結 。 試 合 は 世 界 中 の 有 名 な 競 技 場 で 開 催 される 予 定 だ。Sky Sports のスティーブ・スミスは、 記 者 発 表 でこの 提 携 を 発 表 した 際 「スポーツの 定 義 は 広 がっている」と 語 り、ドローンレースはス ポーツと 呼 ぶにふさわしくないという 批 判 を 一 蹴 した。 DRL は、ドイツの 保 険 会 社 アリアンツとスポンサー 契 約 を 交 わした。 F1レーシングカーのボディ 側 面 でもよく 目 にする 名 前 だ。アリアンツの ジャン =マルク・パイヨールは、「レッドブルがエクストリームスポーツで 成 し 遂 げたことを、 私 たちはデジタルスポーツで 実 現 したいと 思 っていま す。ドローンレースを 世 界 の 主 要 なスポーツにしたいのです」と 語 る。 「ドローン・チャンピオンズ・リーグ」のようなライバルリーグは、 世 界 的 に 有 名 な 場 所 でレースを 開 催 し、 注 目 を 集 めようとしている。 同 リーグ は 年 内 に 万 里 の 長 城 でレースを 行 い、その 模 様 は 中 国 最 大 のテレビ 局 、 中 国 中 央 電 視 台 が 生 中 継 する。 米 国 を 本 拠 地 とする DR1レースもヨー ロッパの 主 要 都 市 でレースを 開 催 していく 予 定 だ。DRLでは 全 参 加 者 が 同 じ 仕 様 の ド ロ ーン を 使 用 す る の に 対 し、DR1で は フ ォ ー ミ ュ ラ 1のように 機 体 仕 様 をパイロットが 決 めることができる。 資 金 が 流 入 しているのと 同 じように、ドローンレースの 未 来 の 後 見 人 たちは 技 術 革 新 を 推 進 するべく 力 を 注 いでいる。「 今 年 はバッテリー のクラスを4S から5Sと6S に 上 げているんだ。これによってパワーが 大 幅 にアップする。 向 上 したパワーはより 長 距 離 のレースに 向 けて 使 われるかもしれないし、 基 本 的 な 速 度 を 上 げるのに 使 われるかも」と NEXBLADES のリチャード。3D 空 間 で 蚊 のように 小 さい 機 体 を 追 うこ とはテレビ 局 にとっての 大 きな 課 題 なので、ドローンメーカーに 対 しては、 より 大 きなフレームを 使 用 するよう 呼 びかけている。リチャードは 言 う。 「フレームが 大 きいほどライディングもしっかりできるし、フィジカルが 強 化 される。700mmのフレームをテストしてみたんだ。そのサイズのド ローンがフルスロットルで 飛 ぶと、ブラックホークのような 爆 音 がするよ」。 ドローンがパワーとスケールを 増 すにつれて 関 連 する 経 費 も 増 加 する。 それでも、ドローンレースは 誰 にでも 開 かれたスポーツだとリチャードは 信 じている。「クアッドコプターは 低 価 格 で 作 れるよ。ゴーカートやモー ターレースではそんなことは 不 可 能 だ。1 機 で 物 足 りない 人 はマイクロレー シングに 進 むだろう。4 機 入 りパックを 買 って 家 の 中 でレースできるし、 子 供 たちはジェット 戦 闘 機 よりトンボのような 機 体 に 親 しむようになるだ ろう」。どのようなモデルであっても、ルーク・バニスターのような 世 界 チャンピオンが 考 える 優 れたパイロットの 条 件 は 同 じ。それは「 反 射 神 経 の 高 さ、 冷 静 さ、 驚 異 的 な 集 中 力 」だそうだ。 才 能 ある 若 いパイロットに 現 実 的 なキャリアの 道 を 開 くという 点 では、 ドローンレースはまだモータースポーツに 及 ばないかもしれない。しかし トップ 選 手 がそれを 実 現 していく 可 能 性 は 高 い。ギャリーは 言 う。「 米 国 にはフルタイムの 選 手 が 2 人 いるそうだけれど、 今 そこまでたどり 着 くの は 至 難 の 技 だよ。それだけ 時 代 の 先 端 を 行 っているスポーツなんだ。 僕 には 家 族 があり、 小 さな 息 子 がいるからそこまで 思 い 切 った 行 動 を 取 る のは 難 しい。たぶんカレッジを 出 たばかりの 若 い 選 手 なら 可 能 だと 思 う。 今 の 僕 にはリスクが 大 きすぎるけれど、 大 好 きなことだけで 生 計 を 立 てる のは 将 来 の 目 標 ではある。 仕 事 という 感 じはしない」。 リチャード・デ・アラグエス( 左 )は、ドキュメンタリー 映 画 監 督 としてのキャリアと NEXBLADESチーム 創 設 者 としての 役 割 をうまく 両 立 してきた。 THE JAGUAR 35

 

JAGUAR

THE JAGUAR #06 Magazine

 

優れたパフォーマンスを賛美するジャガーのカスタマーマガジン『The Jaguar』。ダイナミックな走りから魅力的なデザイン、最先端のテクノロジーまで、毎号、感覚を刺激する独占記事が並びます。

クリエイティビティとイノベーションが行動理念の中核を成すJaguarでは、今号でもデザイナー、発明家、そして枠に囚われない自由な発想によって私たちを魅了する世界各地の人々のストーリーが満載です。もちろん車そのものも、ふんだんに登場します。フィンランドを旅するI-PACEがもたらす静寂、伝説のXJ220の蘇る栄光、1978年製 ジャガーXJのファッショナブルなエレガンスをぜひご堪能ください。

ライブラリー

THE JAGUAR 第6号
THE JAGUAR 第5号
THE JAGUAR 第4号
The Jaguar 第3号
The Jaguar 第2号
The Jaguar 第1号

© JAGUAR LAND ROVER LIMITED 2016

Registered Office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF
Registered in England No: 1672070


当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。
燃料消費率は定められた試験条件のもと での値です。
実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
表示車両本体価格はメーカー希望小売価格です。価格には、税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料、リサイクル料金などは含まれておりません。これらは別途お支払いいただきます。詳しくはお近くのジャガー正規ディーラーにお問い合わせください。